安心できるお仏壇専門店をご紹介致します

お仏壇を購入するタイミング

お仏壇を購入するタイミング

一般的にお仏壇を購入する契機になるのは、下記のタイミングと言われています。
それぞれのタイミングには、お仏壇をお買い求めいただく大きな意味がございます。

祥月命日

亡くなられた同月同日を、祥月命日といい、一周忌、三回忌などの年回忌だけでなく毎年訪れる同じ月日の命日をさします。
弔い上げを過ぎた後、毎年訪れる祥月命日を機に、古いお仏壇を新しくする方もいらっしゃいます。

四十九日

亡くなった日を1、翌日を2と数えて49日目に行われる法要をさします。
亡くなってから七日ごとに法要が行われ、その七回目の法要(四十九日)で忌明けとされます。
四十九日までに本位牌をお祀りしますので、その位牌を置く場所として、お仏壇の購入を考えられる方が多くいらっしゃいます。
お仏壇を新たにご購入される方は、この日までにご購入されることをお勧めします。

お盆・お彼岸 ※新しいお仏壇でご先祖様をご供養する日

「お盆」も「お彼岸」も、現代の日本においてはどちらも先祖供養をする日となっています。
「お盆」とは、ご先祖様をお迎えし、そして再び送り出す行事と言われております。また、お彼岸とは、あの世とこの世が最も近くなるといわれており、私たちがご先祖様を供養する行事であるといわれています。
お仏壇回りのお掃除や、必要に応じてお仏壇の買い替え、故人の好物だったものやお盆飾りを準備して故人が気持ちよく帰ってこられるよう準備しておきましょう。

一周忌

亡くなられた翌年の同月同日(祥月命日)に行う法要が一周忌です。
四十九日に次いで大切な法要です。汚れや痛みが目立つ場合は、お仏壇の掃除や買い替えを行い、法要の準備をしましょう。

三回忌・七回忌

一周忌の翌年、つまり二年目に行うのが三回忌です。四十九日、一周忌に次いで大切な法要です。
お仏壇回りをお掃除して、法要の準備を整えましょう。
三回忌・七回忌を過ぎてからは家族やごく親しい親戚のみで法要を行うことが多くみられます。
他にも、新築・改築を機に新しいお仏壇に買い替えされる方も多くいらっしゃいます。

また、必要に駆られてではなく、仏様に手を合わせたいと思ったとき、故人に祈りを捧げたいと思ったとき、お仏壇のご購入を検討されてはいかがでしょうか。

キャッシュバッククーポンを使うとお得!仏壇のご購入は全優仏加盟店へ
ページTOPへ